2015年08月30日

ドダルのマルセイユ・タロット ハンドステンシル版22枚

★大アルカナ22枚のセットです
dodalboxws.jpg
お箱も洋紙質性で雰囲気があります


hdodal00.jpg

hdodal01.jpg

hdodal02.jpg

hdodal03.jpg

hdodal04.jpg

hdodal05.jpg

IMG_0002.jpg

商品情報

・カードメイカー/出版社:Jean-Claude Flornoy

・箱のサイズ:縦横奥行 13.6×7.7×1.5cm

・付属解説書の完訳日本語解説書付(B5サイズ全10ページ)

※さらに、ドダル78枚完全版の日本語解説書「出ている絵柄に意味がある(B5サイズ全10ページ)」もお付けしています。


・定価:¥13,900




この記事へのコメント
ショップで質問をしたかったのですが、欄がわかりませんでしたのでこちらから失礼します。

古版のタロットを探してこちらに辿り着きました。見れば「タロットの歴史」の著者様のお店。あやふやだった所がきれいに解き明かされていてとても分かりやすい本でした。ありがとうございました。

この記事を読んでいて思ったのですが、ノブレとドダル版に付いている解説書には、ノブレ・ドダル氏ご自身のそれぞれの記述があるのでしょうか。
あと和訳されたものはカード付属のものとは別で書籍として販売されているのでしょうか。

以上2点です。いきなりの質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
Posted by ぴよぴよ at 2015年08月29日 11:14
●ノブレ78枚完全版の日本語解説書は、付属の英文解説書の完訳ヴァージョンで、各大アルカナ22枚についての個別解説もあるため割とヴォリュームがあり、現在は当社にてB5サイズ全21ページの冊子にまとめています。特にタイトルはつけられていません。

●ドダル78枚完全版の日本語解説書「出ている絵柄に意味がある」も、付属英文解説書の完訳で、デッキや作者についての概要+大アルカナ22枚の中の一部のアルカナについての解説含むという感じでB5サイズ全10ページ程度の小冊子です。タイトルに本文の主旨が象徴されているように、分量は少ないですがマルセイユ版との向き合い方の指摘が奥が深く、解釈の手助けになる文献です。

●ドダルのマルセイユ・タロット ハンドステンシル版22枚の日本語解説書も付属の英文解説書の完訳で、78枚完全版とはまた異なるマルセイユ版と宗教的な思想、十字軍との関わりなどが記されており、小冊子としてB5サイズ全10ページにまとまっています。

いずれも作者はメイカーであり、多くその方のことばで、当時のノブレとドダルがいわんとしていたことが記されています。中には「こう述べていた」という形で直接的な彼らのことばになっている箇所もあるはずです。かなり若干ですが、当社で注釈をつけたり、補足的なオリジナルの解説文を入れている箇所もあります。


またいずれも日本語解説書は薄い冊子で、現状では書籍化などには至っておりません。


以上でいかがでしょうか? ブログの発信は慣れているのですが、コメントは不慣れですみません。まずは書き込ませて頂きますね。
Posted by ブログオーナー at 2015年08月30日 12:37
関連記事&詳しい説明とありがとうございます。

これを見ると「タロットの歴史」の中でのドダル版はこちらのハンドステンシルの方なのですね。
色がとても綺麗で心を奪われたのはやはりそれなりの作りをされてるからなのだと納得しました。

これだけ大きい写真だと良さがよくわかります。
正直、この3連記事を見るまではノブレ版がこんな美人さんだとは知りませんでした(笑)
Posted by ぴよぴよ at 2015年09月06日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック